腰痛予防!「腹筋、背筋を鍛えなさい」
よく整形外科、リハビリで説明をうけますね。
ところが簡単に体幹を鍛える方法があります。
今まで、腹筋がきついから三日坊主で習慣にできなかったあなたへ…
10秒お腹をへこませてください。
布団、床、立ってできます。
今回は簡単にできる寝ての運動をお伝えします。

1体幹トレーニング方法
2体幹トレーニングのポイント
3体幹トレーニングの効果
4体幹トレーニングの注意点
5まとめ

1体幹のトレーニング方法


寝た状態でのやり方
①ベットや床に仰向けになり、膝を立てます。
②腹式呼吸をします。
③息を吸ってお腹を十分に膨らませます
④そのまま、お腹(ヘソ下)をへこませて状態を10秒キープして下さい。
⑤3セットして下さい。
※無理なく痛みのでない程度で行って下さい。

2体幹トレーニングのポイント
①腹筋だけでなく、背中を床につけるイメージでおへそをへこませます。
②力の入れる部位はおへその下(丹田)を特に意識して下さい。
③膝も閉じながら行うとよりお腹に力が入ります。

3体幹トレーニングの効果
①体幹強化
②姿勢矯正
③ウエストシェイプに効果

4体幹トレーニングの注意点
おなかを締めるので
①急性期の痛みがある時(ぎっくり腰等)
②妊娠中
③満腹時
実施しないで下さい。

5まとめ
整体院彩の整体は身体全体を緩め、それでも痛みが改善されなければ、個々の筋肉を緩めます。最終的に体幹や筋肉のバランスを整えます。つまり皆様の身体をコーディネートさせて頂きます。ぜひ一度受けてみて下さい。実際体感するのが一番わかりやすいと思います。初回は通常10000円を7名様限定で1980円とさせて頂きます。「ブログを見た」とおっしゃって下さい。
期間限定キャンペーンです。今すぐお電話下さい。
090-8110-7803
腰痛予防や姿勢矯正の基礎になります。
無理なく毎日10秒3セット行ってみて下さい。
本日もブログを読んで頂き本当にありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加