腰痛でブロック注射をしているあなたへ!

腰痛、ヘルニア、座骨神経痛…

投薬、湿布、注射、手術、マッサージをしても…

腰の痛みが取れない!

なぜでしょうか?

つまり痛みの原因は腰にないことが多いのです。

MRIで健康な人の腰を調べると76%に椎間板ヘルニアが見つかるのです。

しかし痛みのがない人もいる。

もうやめましょう!

あなたの腰痛は腰以外にあるのです。

根本的な原因を追求して、正しい姿勢、動作まで改善すればあなたの腰痛は回復に向かいます。

ブロック注射は根本的な解決にはつながりません。

注射をしたくない方は是非読み進めて下さい。

目次

1椎間板は変性は異常ではない

2健康な人でも背中や骨盤の異常はある

3筋、筋膜のねじれ、よじれが原因

4自宅で簡単にできる全身筋膜リリース

5筋膜リリースの注意点

6まとめ

1椎間板は変性は異常ではない

  

腰痛の人は日本全国で推定2800万人いると言われている。

特に中高年に多く、40〜60歳代の約4割が腰痛に悩んでいる。

腰痛で整形外科に行くけど、結局治っていない人が多い。

つまり、整形外科での湿布や投薬では解決できていない腰痛が多いということだ。

そして腰痛は、解決できない以前に、85%は原因すら特定できない「非特異的腰痛」である。

整形外科での診断名は「腰痛症」「座骨神経痛」「ぎっくり腰」などである。

えっヘルニアは痛みのない健常人にも…

「腰椎間板ヘルニア」と診断されると手術を考える方もいると思います。

1995年に国際腰痛学会で報告された、研究結果をお伝えします。

腰痛を訴えて椎間板ヘルニアと診断された人と、腰痛の経験がない健康な人を調べたところ、健康な人の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が発見された。

椎間板ヘルニアとは繊維輪(周辺の硬い部分)に亀裂が生じ、髄核(中心部分)が繊維輪を破って飛び出し(膨れて)しまう事を言います。

飛び出した(膨れた)椎間板が、神経などを圧迫する事により、激しい痛みや痺れなどの症状を引き起こすのです。

この研究により、椎間板に異常があっても、ほとんどの人は腰痛を感じないことが明らかにされた。

確かに神経を圧迫して痛みを感じて、歩けない方も4~5%いるのは現実です。

しかし、なぜ健康な人で椎間板が変性しても痛みがでないのか?逆になぜ痛みが出るかについての原因はわかっていない。

慢性腰痛があり、椎間板ヘルニアと診断されたら、ヘルニアが原因と考えるが、実はほぼ関係なく、ヘルニアの治療をしても、痛みが変わらない可能性が高いのです。

つまり診断名が椎間板ヘルニアと診断されても、投薬や湿布、注射で完全の治らないとこがわかりましたか?

ましてうつ伏せの腰のマッサージでは治りませんよ!

では根本的な痛みの原因はどこにあるのか?

次章で説明します。

2健康な人でも背中や骨盤の異常はある

腰痛がなくても、背骨や骨盤の異常なあります。

確かに脊椎療法では背骨や骨盤の異常で体の重心の位置が変わり、全体のアンバランスを引き起こし腰痛・
肩こりなどの症状を引き起こすと考えます。

この可動域の減少が酷くなると、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などのになりやすいです。

それを病的と考えるかどうかはその人次第だと思いますが、背骨や骨盤の位置異常は誰にでもあり、まっすぐな人人はほぼいないと思われます。

しましかし異常があるにも関わらず痛みのない方もいます。

ではなぜ痛みがでるのか?

3筋、筋膜のねじれ、よじれが原因

筋膜とは文字通り筋肉を包んでいる膜です。

不良姿勢や間違った動作を繰り替えし続けていると、身体の一部に負担がかかり、歪みが生じます。

そうすると、筋膜は滑走できなくなり、自由自在に動けなくなります。

つまり筋肉の上にある筋膜と筋肉が一部に寄り集まり、そのことで、筋膜の上にある皮膚と、筋膜の下にある

筋肉が動きづらくなります。

一か所の筋硬結が全身に影響を及ぼし、十分な筋力も発揮できなくなり、柔軟性も悪くなります。

プロのアスリートでもパフォーマンスが悪くなり、ケガにつながります。

さらに、筋膜のねじれやよじれにより、関節周囲に痛みを感じるようになります。

原因は筋肉の一番外側にある筋外膜が硬くなるのが原因ですが、実際には関節周囲に痛みを感じる方が多いです。

なぜでしょうか?

筋肉も3層の膜があります。筋外膜、筋周膜、筋内膜からなります。

この3つの繊維は平行にならんでおり、そして腱になります。

この腱が関節の関節包という袋を引っ張り、関節包の痛み受容器が痛みを感じることになります。

つまり痛みを感じるのは関節周囲ですが、実は筋膜のねじれに問題があり、筋筋膜性疼痛と考えるべきです。

4自宅で簡単にできる全身筋膜リリース

 

ポイントは全体の力を抜いて伸ばして下さい。

ここでお伝えする「慢性腰痛」を改善するストレッチはココに意識を向けて

実践してみて下さい!

5筋膜リリースの注意点

適応」

①病院にかかるような状態ではない。

身体の動きが硬い、腰が重い、動作で少し痛みがでる。

力がはいりにくい方。

「禁忌」

①全身的には悪性腫瘍・がん、動脈瘤、急性期のリウマチ様関節炎、全身性あるいは局所感染

②血腫、皮膚の開放創や亀裂、縫合部、治癒過程の骨折

※全身筋膜リリースをした際、痛みがとれない、あるいは逆に痛みが悪くなったなどの場合は病院に行くことわおすすめします。

6まとめ

整体院彩の整体は身体全体を緩め、それでも痛みが改善されなければ、個々の筋肉を緩めます。最終的に体幹や筋肉のバランスを整えます。つまり皆様の身体をコーディネートさせて頂きます。ぜひ一度受けてみて下さい。実際体感するのが一番わかりやすいと思います。初回は通常10000円7名様限定1980円とさせて頂きます。「ブログを見た」とおっしゃって下さい。

期間限定キャンペーンです。今すぐお電話下さい。

090-8110-7803

全身筋膜で繋がっています。

筋膜のねじれやよじれが原因で痛みがとれない場合が多いです。

また動作にも影響をうけます。

筋膜のねじれやよじれを改善には

全身筋膜ストレッチは有効です

無理なく自宅で試してみて下さい!

 

自己紹介動画ですので是非ご覧になって下さい。

↓コチラ

期間限定キャンペーンです。今すぐお電話下さい。

090-8110-7803

本日もブログを読んで頂き本当にありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加