慢性腰痛で足がしびれる…

医者やリハビリの先生に話したら「年だから」…

接骨院やカイロの先生に話したら「神経にさわっている」

治らないと諦めていませんか⁉

でも楽にする部位はあります。

今回のブログは足がしびれる方には必見です。

しびれを諦めていた方は是非読み進めて下さい。

必ずお役にたてると思います。

目次

1足のしびれとは

1.神経性のしびれ

2.血管性のしびれ

3.筋筋膜性のしびれ

2自宅で簡単にできるしびれを楽にする方法

3まとめ

1足のしびれとは

足のしびれの原因は大きく分けて3つあります。

1神経性のしびれ

神経由来の足の痺れの疾患には「腰椎椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」が主と考えられます。

椎間板ヘルニアの典型的な症状は痛みしびれです。

どこに痛みやしびれが出現するかは、脊椎のどの部分で椎間板ヘルニアが起こっているのかによって違います。

頸椎椎間板ヘルニアの場合は、首や肩の痛み、腕~手の痛み胸椎椎間板ヘルニアは頸椎や腰椎に比べ頻度が少ないですが、下肢のしびれ脱力感で気がつくことが多いです。

腰椎椎間板ヘルニアが最も起こりやすく、腰やおしり、下肢にかけて痛みが発生し(坐骨神経痛)、足や、足の指にしびれが生じます。

脊柱管狭窄症の典型的な症状は「痛み」「しびれ」です。

背骨には、脳から続く神経である脊髄が通るトンネルがあります。これを脊柱管と呼びます。

脊柱管狭窄症とは、骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出などで、脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫され、

腰の痛みや下肢~足のしびれなど症状が生じます。

長い時間歩くと症状がひどくなり、しばらく休むとまた歩けるようになる、「間欠跛行(かんけつはこう)」が典型的な症状です。

②血管性のしびれ

血管に起きた障害のために血流が悪くなり

代表的な疾患として「閉塞性動脈硬化症」などがあげられます。

足の冷え、痛み、しびれの症状も出てきます。

また足のしびれと言っても、しびれている部位が

足の裏であったりかかとだったり、甲であったり

指だったりとさまざまだと思います。

しびれている部位がどこかでその原因も違ってきます。

神経性や血管性のしびれは改善しにくいので、まずは医療機関を受診しましょう!

3筋筋膜性のしびれ

筋筋膜性のしびれとは、筋肉に「こり」が出来て、コリの部分以外に「しびれ」「痛み」出る症状を言います。

医療機関で受診をすると筋筋膜性症候群と診断されます。

一言で言えば、筋肉の疲労ですが、私達の身体は頭~足指まで筋膜で繋がっています。

例えば歩く際、足裏の体重が正しく乗らないと、股関節を過剰に捻ったりして代償します。

この代償が歪みを作り、一定の筋に負担がかかり、「コリ」を作ります。

「コリ」が過敏になりすぎて、押さなくても足に痺れが起こっている状態です。

この状態では自覚症状として足のしびれを訴えてきます。

筋筋膜性の「コリ」を取り除けば、足のしびれを楽にすることが可能です。

2自宅で簡単にできるしびれを楽にする方法

整体院彩の整体は身体全体を緩め、それでも痛みが改善されなければ、個々の筋肉を緩めます。最終的に体幹や筋肉のバランスを整えます。つまり皆様の身体をコーディネートさせて頂きます。ぜひ一度受けてみて下さい。実際体感するのが一番わかりやすいと思います。初回は通常10000円7名様限定1980円とさせて頂きます。「ブログを見た」とおっしゃって下さい。

期間限定キャンペーンです。今すぐお電話下さい。

090-8110-7803

特に足や母趾にしびれがある方は試してみて下さい。

動画をみて下さい。

↓こちらです。

※効果は個人差があります。

3まとめ

①神経や血管性のしびれは改善しにくいです。

②筋筋膜性由来のしびれは原因筋をゆるめることで楽になります。

※しびれが続くようでしたら医療機関を受診しましょう!

整体院彩の整体は身体全体を緩め、それでも痛みが改善されなければ、個々の筋肉を緩めます。最終的に体幹や筋肉のバランスを整えます。つまり皆様の身体をコーディネートさせて頂きます。ぜひ一度受けてみて下さい。実際体感するのが一番わかりやすいと思います。初回は通常10000円7名様限定1980円とさせて頂きます。「ブログを見た」とおっしゃって下さい。

期間限定キャンペーンです。今すぐお電話下さい。

090-8110-7803

本日もブログを読んで頂き本当にありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加