朝起きたら腰の痛みが…
腰の痛みで起きてしまう…
こんな経験はないでしょうか?
「硬すぎるたり、柔らかすぎたりするマットレスが原因でと……」
腰の痛みを訴える方は多いですが、枕で腰の痛みが発生する
と考える方は少ないようです。

意外と知られていませんが…
実は腰痛と枕の高さは関係があります。
私達の身体はs字型になっています。
頸椎と腰椎は前にカーブして、胸椎は後ろにカーブしています。
枕の高さで頸椎の前カーブが変化したらどうなるでしょうか?
背骨のバランスが少しでも崩れると、全体に歪みが生じ、腰や首に症状が現れます。

つまり、枕が原因で腰痛になることは十分に考えられます。

1枕で首や腰に負担がかかる
2腰痛は枕で改善できる
3腰痛で改善できる枕の高さ
4まとめ

1枕で首や腰に負担がかかる

首や腰の痛みで忘れがちなのが、寝ている時です。
枕の高さで姿勢が悪くなります。

睡眠時間は1日の6時間前後を占めています。
つまり6時間以上は眠っているわけです。
もし枕の高さで、姿勢が悪くなれば、当然首や腰に負担がかかります。

特に寝ている時に影響を与えるものとして枕があります。
枕によりs字のカーブが崩れることにより、身体全体に負担がかかります。

つまり自分ふさわしい枕選びは必須です。

2腰痛は枕で改善できる

枕が高すぎると、頸椎の前カーブ減少します。
例えば枕が高すぎると筋肉の疲労から首や腰に負担がかかります。
逆に低すぎると頸椎の前カーブが増強して椎間板に負担がかかり、
特に腰に負担がかかります。

つまり枕の高さにより身体は負担がかかるのです。

3腰痛で改善できる枕の高さ

高さの目安
①仰向けに寝る時は5㎝~7㎝
首の隙間が埋まるようにする。
②横向きに寝る時は10㎝~15㎝
背骨が床に平行になるようにします。
②高めが好みの方は約2㎝程度、低い枕を選ぶ
③低めが好みの方は心臓より低くなるので血流が悪くなります。
首の隙間が埋まるようにする。

4まとめ

整体院彩の整体は身体全体を緩め、それでも痛みが改善されなければ、個々の筋肉を緩めます。最終的に体幹や筋肉のバランスを整えます。つまり皆様の身体をコーディネートさせて頂きます。ぜひ一度受けてみて下さい。実際体感するのが一番わかりやすいと思います。初回は通常10000円を7名様限定で1980円とさせて頂きます。「ブログを見た」とおっしゃって下さい。
期間限定キャンペーンです。今すぐお電話下さい。

090-8110-7803

①枕の高さによりs字のカーブが崩れることにより、腰や首に負担がかかります。
②枕の高さが合ってないと寝返りが打ちにくくなります。
寝返りがスムーズにできないと血行が悪くなり筋肉がかたくなり、腰や首のコリや痛みにつながります。

腰や首に負担をかけない為にも正しい枕選びをしてください。

本日もブログを読んで頂き本当にありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加