はたして腹筋、背筋で腰痛が改善するのか?
腹筋をすれば腰痛になる

腰痛になると…

整形外科の先生は「体幹を強化しなさい」「腹筋を鍛えなさい」「腹筋と背筋が弱いので、腹筋運動をしてください」と言われるじゃないですか

はたして腹筋運動をして治った方はどれくらいいらっしゃるでしょうか

実際は正しい体幹の指導をうけたごく一部の方を除いて、腹筋、背筋で腰痛が改善した方は少ないです。

むしろ悪化して、薬に頼る方が多いです。また以前よりひどくなり、腹筋運動すらできません。

先生の指示にしたがったのに…。

腹筋運動をしても改善しないと思っている方は多いのではないでしょうか

先生に「体幹を強化しなさい」「腹筋を鍛えなさい」と言われて、体幹強化で腰痛が治ると考えている方は、是非最後までお読み下さい。
また腰痛予防対策を知りたい方も、是非最後までお読み下さい。

腰痛は腹筋、背筋だけでは良くなりません…
考えたことありますか

なぜ腰痛が起きてしまうのでしょうか

腰痛は腹筋や背筋の弱化だけで起こりません

強化していても、身体の使い方の癖や、足裏の体重の乗せ方で、体は歪み、腰に負担がかかります。

つまり、鍛えていても身体の歪みで結局は腰痛になる可能性は高いのです。

ゴルフで有名なタイガーウッズでも腰痛になるのです。

http://news.golfdigest.co.jp/news/pga/article/67272/1/

もし、腹筋や背筋が弱って腰痛になるのでしたら、年をとれば皆、腰痛になるはずです。

年をとれば、全員腰痛になることになりますね…

でも腰痛にならずに元気な方も沢山いると思います。

つまり、体幹が弱くて腰痛になるわけではないのです。

私は決して筋トレが悪いと言っているのではありません。

優先順位を考えて頂きたいのです。

ではなぜ腹筋運動だけでは腰に負担がかかるのか?


整形外科のお医者様がすすめる腹筋運動を否定するつもりはありません。

しかし、体幹の強化で悪化するケースが多いのも事実です。

ではなぜ体幹を強化すると腰に負担がかかるのでしょうか

皆さが行っている体幹の運動はお腹の前にある大腰筋や腹直筋の強化なのです。

しかし、もし身体が歪んでいで、硬くなった筋肉で、強化したらどうなるでしょう

より大腰筋や腹直筋を硬くしてしまい、より歪みを増長させてしまいます。

なぜ大腰筋や腹直筋が硬くなり、歪みが増長されると腰痛になるか

090-8110-7803

私の整体院に来院する方お客様で腹筋の強化で、腰の痛みがとれる方はいません。

「腹筋が弱くて腰痛になる」とおっしゃる先生が多いと思いますが…

ほぼ皆無です。

むしろ姿勢で言えば、円背で右に傾いていたり。左に身体捻じれている方が非常に多いです。

さらに足裏の体重が正しく乗らない方もみられます。

つまり、腹筋は上半身と下半身の間で、てこの支店の役割が主な仕事です。

姿勢の保持の役割はほんの少しだけです。

歪んだ状態で、身体を強化しても硬い筋肉をより硬くしてしまいより歪みを増長させる結果になります。

確かに腹筋の強化で、痛みが和らいだ方もいると思いますが、筋肉を鍛える事により、腰椎ベルトと同じ状態を作っているだけなのです。つまり固定して腰が反らないようにしいるだけなのです。
これでは根本的な解決にはつながりません。

腰椎ベルトの同じで腰の負担を軽くしているだけなのです。

では、腹筋を鍛えたらよいのか?

最近では腹筋を「ドローイン」で強化や「大腰筋を鍛える」ことが大事だという説もあります。

確かに大腰筋を鍛えると「骨盤を前傾する働き」があります。

つまり円背姿勢を改善する効果があります。

解剖学的には「骨盤を前傾する働き」がありますが、歪んだ体でしかも背側側を固定した状態で大腰筋を縮めると「骨盤を後傾」します。

骨盤が後傾すると円背やo脚になる方が多いです。

さらに癖で身体が傾いたり、捻じれたりしてより腰に負担がかかります。

歪んだ状態で大腰筋を強化しても、円背姿勢を作りだすだけです。

ではどうしたら改善、予防できるのか?

私が考える改善、予防はまず、大腰筋だけをゆるめるだけでなく、身体全体の歪みの改善を目的に施術をします。

身体は筋膜でつながっております。

筋肉は単独では働いているのではなく、ユニットで働いています。

つまり、単独の筋肉を緩めるだけでは、身体全体をゆるめる事で腰痛が改善しています。

腰痛改善の為に腹筋をしている方はやめてみて下さい

腰痛を改善するために腹筋だけしても治りません。

一回腹筋をするのをやめて下さい。

余計硬くなり歪みを増長させます。

私の施術経験から筋トレを中心に強化している方は大腰筋が硬くなるだけでなく、身体が歪んでいます。

このような方はなかなか身体の歪みが改善しません。

まず身体全体を緩めてから、それでも腰痛が改善しなければ、個々筋肉を緩める必要があると思います。

特に慢性腰痛で苦しんでいる方は、まず筋トレ、体操(トレーニング)をやめて身体全体を緩め、歪みの改善をする。

身体全体を緩める簡単な方法(自宅でできる簡単な方法)

整体院彩の整体は身体全体を緩め、それでも痛みが改善されなければ、個々の筋肉を緩めます。最終的に体幹や筋肉のバランスを整えます。つまり皆様の身体をコーディネートさせて頂きます。ぜひ一度受けてみて下さい。実際体感するのが一番わかりやすいと思います。初回は通常10000円を7名様限定で1980円とさせて頂きます。「ブログを見た」とおっしゃって下さい。
期間限定キャンペーンです。今すぐお電話下さい。
090-8110-7803

①うつ伏せになります。

②首を右に向け、右の股関節を曲げます。※左右行います。左の場合左に首を向け、左股関節を曲げます。

③右ひじを曲げて、手のひらを上に向けます。※左右行います。左の場合は左に首を向け、左股関節を曲げ、首を左に向けます。

左右約1~3分痛みのでない範囲で行って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加