ツライ慢性腰痛…

痛いし体を動かしたくない…

何をしたらいいかわからない…

マッサージでもよくならないし…

そんなあなたの為に簡単な腰痛予防体操をお伝えします。

簡単にできて、しかも寝る前にできる。

ウエストもしまって一石二鳥です。

是非試してみて下さい。

目次

1腰痛予防にはインナーマッスル

2腰痛予防に効果的な体操

3まとめ

1腰痛予防にはインナーマッスル

腰は身体の中心であり、全体重を支える重要な部位です。

そのため、脊椎の不安定さを、その周辺の関節や筋肉、靭帯が支えています。

つまり、動作の癖などで身体は歪み腰周囲には多大な負担がかかっているのです。

負担を軽減させるには、まず歪みを改善することが大切です。※硬い筋を緩める必要がある

しかし、ある程度痛みが落ち着いてきたら、並行して腰に負担をかけないよう、体幹の安定性が必要です。

上記をふまえ、腰部への負担軽減の為、体幹のインナーマッスルを正しく体操する必要があります。

インナーマッスルとは、体の外から触れることができない深層の筋肉のことです。

体幹(お腹と背中の部分)だけでなく、股関節や足、肩、腕にもあります。

体幹の深層筋をを強くすることが、腰痛の予防・改善に効果的と言われています。

特に、腹横筋と多裂筋と呼ばれるコアマッスルが重要です。

腹横筋は動作の初めに活動する筋肉です。

この筋が正しく働くことにより、腰部の安定性が増します。

また、体幹の体操は筋肉を動かすことで血流改善にも効果があります。

硬くなって部位を緩める効果もあります。

2腰痛予防に効果的な体操

DSC02522 DSC02523

腰痛の予防に効果的な腰痛予防体操を一つをご紹介します。

体幹の安定によりぶれない安定した身体になると、腰を中心に身体への負担が減ります。

①仰向けに寝て、両膝を立てます。

②鼻から息を吸ってお腹を膨らませながら、腰を軽く反ります。

③口から息を吐きながら、3~4秒程度ヘソ下をひっこめて押し下げます。

④同時に肛門を軽く締めます。※骨盤底筋群も使います。

⑤5回行います。

※効果は個人差があります。

3まとめ

整体院彩の整体は身体全体を緩め、それでも痛みが改善されなければ、個々の筋肉を緩めます。最終的に体幹や筋肉のバランスを整えます。つまり皆様の身体をコーディネートさせて頂きます。ぜひ一度受けてみて下さい。実際体感するのが一番わかりやすいと思います。初回は通常10000円7名様限定1980円とさせて頂きます。「ブログを見た」とおっしゃって下さい。

期間限定キャンペーンです。今すぐお電話下さい。

090-8110-7803

腰痛予防体操は体幹の安定性と筋肉を緩める効果があります。

夜寝る前と朝、痛みの範囲内で5回体操をしてください。

090-8110-7803

本日もブログを読んで頂き本当にありがとうございました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加