ツライ肩こり…

吐き気もする…

マッサージをしてもすぐに戻る…

自宅で簡単にできる方法はないかしら…

肩こりの原因は、私たちの普段の生活にいくつも存在しています。

本日はこれらの原因を解消するために自分でできる肩こり改善のための簡単なストレッチ方法を紹介します。

目次

1肩こりの原因

1・同じ姿勢を長時間とる(不良姿勢)

2・パソコンやスマホによる眼精疲労

3.運動不足

4.ストレス

5.気温の影響

2肩こり解消する簡単なストレッチ

3まとめ

1肩こりの原因

1・同じ姿勢を長時間とる(不良姿勢)

デスクワークや長時間の立ち話しなど同じ姿勢を取り続けると、首や肩周辺の筋肉が緊張して肩こりにつながります。

特に猫背の姿勢は骨盤が後傾し、肩甲骨が外側に引っ張られるので注意が必要です。

2・パソコンやスマホによる眼精疲労

「眼疲労」は一時的な目の疲れのことをいいます。

この疲れは睡眠を取るなど、休息によって自然と解消されるため、身体の各部位への影響も少ないと言えます。

「眼精疲労」とは物を見ているだけで目の疲れや痛みを感じ、視界がかすんだり、頭痛、おう吐、肩こりなどが起きる状態です。

睡眠をとっても症状が回復しないほどの重篤な状態を言います。

重度の肩こりにもつながるので医療機関の受診をすすめます!

3.運動不足

肩こりの原因として運動不足があります。

運動不足になると血流や代謝が悪くなり、筋肉の柔軟性がなくなってきます。

これにより血管が圧迫されるようになり血液の循環が悪くなり肩こりになるのです。

運動をすることで血流や代謝を改善でき、体の調子を良好な状態にすることができます。

4.ストレス

精神的あるいは肉体的なストレスを受けると、筋肉を緊張させる交感神経が活発に働くようになります。

リラックスできる環境にいれば問題ありませんが、長期間続くと肩周囲の血流が悪くなり、慢性の肩コリにつながります。

5.気温の影響

寒い冬は体がこわばってしまいます。

寒いときに体を丸めるという行動は実は、自律神経が体温を下げないようにするために血管を収縮している状態で、そんな状態が長い時間続くことで、血液の流れは悪くなってしまいますから、肩に疲労物質がたまってしまうといわれています。

肩に疲労物質がたまれば、それは肩こりによってカチコチになっていることを意味しています。

ですから、寒い場所にずっといることは、次第に血液の流れが悪くなるので、疲労物質がとどまってしまい、そして肩こりになるのです。

気温が下がれば下がるほど、肩こりになりやすいです。

2肩こり解消する簡単なストレッチ

整体院彩の整体は身体全体を緩め、それでも痛みが改善されなければ、個々の筋肉を緩めます。最終的に体幹や筋肉のバランスを整えます。つまり皆様の身体をコーディネートさせて頂きます。ぜひ一度受けてみて下さい。実際体感するのが一番わかりやすいと思います。初回は通常10000円7名様限定1980円とさせて頂きます。「ブログを見た」とおっしゃって下さい。

期間限定キャンペーンです。今すぐお電話下さい。

090-8110-7803

ポイントは首から肩にかけてゆっくり伸ばして下さい。

ここでお伝えする肩こりのストレッチはココに意識を向けて

実践してみて下さい!

※ストレッチ効果は個人差があります。

※肩関節周囲炎の方は無理してしないで下さい。

3まとめ

肩こりを解消する為には日頃の姿勢セルフメンテナンスは大切です。

無理なく肩こりストレッチをしてください。

眼精疲労で吐き気など肩こり以外の症状がある方は医療機関を受診しましょう!

初回は通常10000円7名様限定1980円とさせて頂きます。「ブログを見た」とおっしゃって下さい。

期間限定キャンペーンです。今すぐお電話下さい。

090-8110-7803

本日もブログを読んで頂き本当にありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加