立ち上がり時に腰が痛い…

いつもマッサージ、ストレッチをしているのに…

あなたは立つ時に足の指を曲げて立っていないですか?

過剰に足指を使っていませんか?

今回のブログは正しい立ち上がり方について解説します。

あなたも足の使い方をマスターして頑固な腰の痛みから解放されましょう!

目次

1足趾を曲げる立ち上がり

2正しい立ちあがり

3まとめ

1足趾を曲げる立ち上がり

立ち上がる時に腰が痛い…

なぜ腰に負担がかかるのでしょうか?

特に足趾を曲げて立ち上がるパターンが多くみられます。

原因は足の変形などが考えられます。

特に外反母趾、開帳足は母趾が浮き、重心が4.5趾にかかりやすい。

つまり足裏全体で体重を乗せることができずに、身体の重さを足趾でささえます。

さらに無意識に前に倒れないように腰を過剰に反らします。

この時に腰に痛みを訴えるパターンが多く見受けられます。

2正しい立ちあがり

腰に負担をかえない正しい立ち上がり方について解説します。

①足を後ろにひきましょう

②背中を丸めて身体を前に倒さず、股関節から身体を前に倒しましょう

③立ち上がり時は足裏全体に体重を乗せます。

point母趾球と小趾球に体重をかけます。

足趾ではなく、両足を母趾の付け根に乗せながら立ってみて下さい。

3まとめ

整体院彩の整体は身体全体を緩め、それでも痛みが改善されなければ、個々の筋肉を緩めます。最終的に体幹や筋肉のバランスを整えます。つまり皆様の身体をコーディネートさせて頂きます。ぜひ一度受けてみて下さい。実際体感するのが一番わかりやすいと思います。初回は通常10000円7名様限定1980円とさせて頂きます。「ブログを見た」とおっしゃって下さい。

期間限定キャンペーンです。今すぐお電話下さい。

090-8110-7803

まとめ

足趾を過剰に曲げて立つと腰を反らすので、腰に負担がかかります。

おじきをながら(股関節を意識して身体を曲げる)立つ習慣を身に着けましょう!

立つ時は母趾球(母趾の付け根)に体重をのせて立って下さい。

正しい体重の乗せ方についての動画を見て下さい。

本日もブログを読んで頂き本当にありがとうございました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加