施術講師として

研修風景

なぜ講師が必要なのか

腰痛は日本全国で2800万人おり、その85%は原因不明と言われています。
何故そんな現実が生まれてしまうのか?
もちろん施術者の技術によるところもあります。
ですが一番の理由は施術を行う多くの医者、整骨院、整体院が「腰痛の本質を知らないから」です。

例えば、腰痛は腰ではなく別の場所に原因がある場合があります。
このケースでは、どんなに念入りに腰を検査しても、どんなに医療が進歩して細かい検査ができたとしても改善には結びつきません。
腰ではなく別の場所に原因があるのですから当たり前です。
結果、「原因不明」という診断になってしまいます。

「腰以外が原因で発生する腰痛もある。」
この知識を施術者が持つだけで世の中の原因不明な腰痛に苦しむ方の一部が救われます。

これはほんの一例の初歩のお話ですが、施術者が知らないというだけで、患者さんは腰痛から逃れることができなくなってしまうというのがわかって頂けたかと思います。

その他にも痛みが現れる部位と、その筋膜の繋がり、それをトータル的に改善していく知識と技術。
また、全身の繋がりから全身のメンテナンスから問題の部分にアプローチをかける知識、技術。
更には日常生活や基本動作までいかに改善し患者さんの痛みの根本的解決を図っていくかという経験、ノウハウ。

これらを自ら身につけていくのは至難の業です。
現場で求められるのは即戦力。
自ら身につけるには圧倒的に経験値を積む時間が足りない。

ではどうするのか?

「経験・技術を持った人間からそれを盗む。」
これが一番早い。

実際整体院彩が行った技術研修・施術研修を受けていただいた方々は皆さん真剣に研修に取り組み、そして急速なレベルアップをしております。
誰しも経験があるかと思いますが、自分が知らないことを知ることは楽しいことです。
専門的な新しい知識経験を取り入れる場なので、自然と皆さん真剣になり、結果レベルアップにつながっています。

整体院彩の院長をさせていただいている私ですが、どうしても一日、一生に治療できる患者さんの数には限りが有ります。
ですが世の中には腰痛で悩んでいる患者さんがとても大勢います。
そして今も増え続けています。
長年腰痛に苦しむ方を見てきた私としては可能であれば全ての人を救いたいのが本音です。
ですが自分ひとりでは足りないので私の知識・技術を広く広めることを選択いたしました。

知識・技術は独占されるものではなく、全ての人々のために活かされるものだと考えております。
なので私は研修の際、本当に現場で使える知識・技術を惜しむことなくお伝えします。

その結果研修を受けていただいた方々がより多くの腰痛で苦しむ患者さんを救っていただくことが私の一番の願いです。

サイト内でもご紹介させていただいておりますが、お医者様からからも支援、ご声援を頂いておりますのでその方々の名にも恥じぬよう、誠心誠意取り組んでおります。

「本気で患者さんを良くしたい!」
「実際現場で使える知識がほしい!」
「即戦力を育てたい!」

とお考えの方は是非お気軽にお声がけください。